過去にあったガードマンのトラブル事例を紹介します

弊社では警備業に関する業務を行っております。弊社のガードマンは皆さん優秀で各自精一杯に勤務をしてくださっています。しかしながら、このガードマンという仕事はその性質上何らかの形でトラブルに巻き込まれてしまうことも少なくないのが実情です。そこで今回は、参考までに過去にどのようなトラブルがあったのか、少しお話をさせて頂きたいと思います。

ガードマンは施設の警備にあたることがありますが、そこで最近不審な人物が施設近くに通っているという情報を受けて、注意をしていたところガードマンの動きをを不快に感じた方からクレームを受けたことがあったようです。また、別の事例では車両の誘導中思いがけずガードマンが車にひかれてしまうという事故が生じてしまいました。これらを教訓にして、サービス精神を見直し、注意をして勤務にあたる必要があるでしょう。

福岡市の株式会社未来ガードシステムは、総合警備業を行っており、主に建築現場や道路工事現場、交通誘導、駐車場などの警備を行っております。現在弊社では求人を募集させて頂いております。幅広い年齢層が活躍しており、未経験者の方でも経験豊富な先輩たちから丁寧に仕事を教わりながら一緒に地域の安全を守りませんか?

お問い合わせはこちらから

詳細はこちら

警備の仕事は誰でもなれるの?

福岡市を拠点に交通誘導や警備業務を行っている未来ガードシステムです。
未来ガードシステムで多いのは2号業務です。
2号業務は交通誘導警備業務や雑踏警備業務を意味します。

簡単に言うと、お店の出入り口での誘導や工事現場での誘導です。

こういったお仕事に就くには講習の受講が条件となります。
警備業法によって必ず研修を受けることが義務付けられていて、正社員だけでなく、短期バイトであっても受講が必須条件です。

研修は基本教育と業務別教育(2号業務)を受ける必要があります。
それぞれ15時間ずつなので、合計30時間ということになります。

基本教育では警備業の基礎的なことを学び、業務別教育では実際の道路交通関係法令を理解して車両と歩行者の誘導技術を学びます。

研修は映像を見て学んだり、テキストを使って学ぶこともありますし、実技による訓練もあります。

なお、研修期間中も拘束時間が長いということもあり、所属会社から賃金が支払われます。

講習の受講が終われば、工事現場や駐車場、イベント会場など様々なところで交通誘導業務に携われます。

交通誘導業務に興味のある方は未来ガードシステムまでお問い合わせください。

交通誘導は年配の方が働いているイメージがありますが、20代や30代の若い方も募集していますので、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから

詳細はこちら

交通誘導の仕事ってどんな仕事?

車を止めて歩行者を優先させたり、工事現場で車の誘導を行っている警備員がいますね。
そういった交通誘導の仕事は主に車両の誘導と人の誘導です。

よくあるのは工事に伴う片側通行の場合。
その場合は片側の車線に停止線や停止機器を設置し、片側の車両のみを通行させ、事故を防ぐ業務があります。

交通状況を把握して円滑に行う必要があり、渋滞が起こらないように車の途切れたタイミングなどを見計らって、車の進行を誘導します。

他には商業施設の入り口にて歩行者の安全確保のため誘導するケースがあります。
駐車場の出入口などは車の出入りだけでなく、人の出入りも多い箇所です。
不意に車が飛び出してきて、歩行者や自転車を走行している人に当たらないよう、安全に配慮しながら誘導していきます。

特に土日祝日などは駐車場が満車になるケースもあり、交通誘導員がいないと危険にさらされてしまう箇所も多いです。

こういった仕事は車の免許取得が条件ではありませんが、歩行者と運転者双方の意識や心理を理解しておくと、より円滑に誘導できるので、出来れば自動車免許取得者が目指すべき仕事といえるでしょう。

交通誘導の業務を行う場合は警備会社に所属し、そこから現場で作業を行うのが一般的です。

お問い合わせはこちらから

詳細はこちら

誘導や警備の仕事はどのように始めるの?

スーパーや商業施設で車を誘導している警備員の仕事はどんな人がやっているのか気になりますね。

こういった仕事はいきなり警備会社に所属して配属されるわけではありません。
しっかりと研修を受けてから現場に立っています。

そして現場に立つときもいきなり1人で誘導するのではなく、まずは先輩スタッフの誘導方法や案内方法を間近で見て、その後バトンタッチするという流れが一般的です。

いきなり一人で誘導して事故が発生してしまったら取り返しがつかないですからね。
入念な準備をしてから誘導作業を行います。

こういった誘導の仕事ですが、警備業法施行規則として20時間以上の研修を受けなければいけません。

研修では下記のようなことを学びます。

・警備対象施設の監視方法や巡回方法
・警備業法や警備業務の実施に関する法令について
・事故発生時の連絡方法や応急処置について
・護身用具の使用方法について

誘導する技術を学ぶだけでなく、緊急時の対処法や用具の使い方などについても理解しておく必要があります。

そして実際に就業する際は、現場現場で状況も異なります。
交通事情もしっかり理解してから誘導の案内を行います。
交通誘導の仕事に興味のある方からの問い合わせお待ちしています。

お問い合わせはこちらから

詳細はこちら

短期アルバイトで、交通整理のお仕事をやってみませんか?

綜合警備保障『株式会社 未来ガードシステム』は、福岡市で総合警備業を請け負う会社です。

建築現場や道路工事現場、駐車場などで、車の往来に欠かせない交通誘導などのお仕事を行っています。

 

私達が住む街ではより良い暮らしにするため日夜どこかで工事が行われており、人や車の往来がある場所では交通誘導や警備のお仕事が欠かせません。

「信頼」を大切にする株式会社未来ガードシステムではおかげさまで数多くの業務のご依頼を頂いており、特に繁忙期などは警備のお仕事の依頼もぐっと増えることがあります。

 

そんなとき、弊社にとってもありがたいのが「短期アルバイト」の応募です。

長期休みの間だけ働きたい。休日にバイトをしてお金を溜めたい。余暇を有効に活用したい。そんな方は、ぜひ未来ガードシステムでのお仕事をご検討ください。

 

未経験でも資格がなくても、研修があるので安心して働いていただけます。また配置の際は個人ではなくチームで行動するため、わからないことがあればすぐに先輩スタッフに聞くことができるので安心です。

もちろん、契約期間が終わった後に短期から長期へと働き方を変えてくださる方も大歓迎です!

 

福岡市で、私達と一緒に大切な街を守る仕事をしませんか?

皆様からのご応募を心よりお待ちしています!

 

 

お問い合わせはこちらから

詳細はこちら

メニューを開く