「当たり前のことを当たり前に」警備員に大切な能力とは

警備の仕事と言うのは、業務の範囲が分かりやすく定まっているわけではありません。
ときには、トラブルなどを未然に回避しようと自身の判断が重要となるときもあります。
自分の持ち場で起きていることは、すべて自分の仕事だと心得て
臨機応変に、的確に動くことができるのは、警備の仕事の大切な能力といえます。


警備の仕事は、人の命や財産を守る大切な業務です。
ですので、職業上の制限として、次のような人は業務につくことができません。

 

  1. 18歳未満の者
  2. 成年被後見人、被保佐人、破産者で復権を得ないもの
  3. 禁錮以上の刑、又は警備業法違反罰金刑での執行を終わる等して5年を経過しない者
  4. 最近5年間に、営業停止命令等違反、又は警備業務に関して重大な不正行為で「警備業の要件に関する規則で定めるものをした者
  5. 集団的に、又は常習的に暴力的不法行為等で要件規則で定めるものを行うおそれがある者(暴力団員等)
  6. 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律に基づく再発防止命令又は中止命令を受けた者で3年を経過しないもの
  7. アルコール、麻薬、大麻、あへん又は覚せい剤の中毒者
  8. 心身の障害により警備業務を適正に行うことができない者として国家公安委員会規則で定めるもの

 

 

福岡県福岡市の未来ガードシステムは交通誘導や駐車場警備の業務を行っております。
ただいまガードマンの求人を募集中です。男女問わずやる気のある方を求めています。
車の誘導の仕事に興味のある方はまずはお問い合わせください。

詳しくはこちらよりお問い合わせください




詳細はこちら

幅広い活躍が見込めます!警備業務の将来性

警備の仕事は、ガードマンとも呼ばれるように、場所や人を安全に「守る」のが仕事です。
任された現場に対して責任感をもって接することは
仕事がスムーズに進むだけでなく、利用している人や作業をする人にとっての
大きな安心感と信頼を作っているといっても、決して過言ではありません。


自分の持ち場をしっかりと守っていると、大きな信頼を得て喜ばれるようになります。
自分が多くの人の役に立っているという実感が感じられる仕事でもあります。
「ありがとう」の声かけをいただくと、また頑張ろうという気持ちになれる仕事です。


現在、警備員として働く人の中には
このような「安心・安全」を守る警備の役割に魅力を感じたり
子供のころに警備員の制服に憧れたり、自分も着てみたいと思う人もいます。


私たちの生活で、街を見回してみると、常に多くの施設や工事現場があります。
こういった場所には、いつも必ず警備員が必要とされますので
将来的にも安定した仕事量が見込めます。

最近では個人住宅における警備会社のサービスや、防犯カメラやコンピュータ制御による
警備システムの普及も進み、システムに長ける人材のニーズも広がると予想されます。
資格の取得も、専門性の高い警備業務にスキルアップできるひとつの方法で
頑張り次第で、活躍の幅は広がる業界だと考えています。


福岡県福岡市の未来ガードシステムは交通誘導や駐車場警備の業務を行っております。
ただいまガードマンの求人を募集中です。男女問わずやる気のある方を求めています。
車の誘導の仕事に興味のある方はまずはお問い合わせください。

 

詳しくはこちらよりお問い合わせください。

詳細はこちら

キャリアアップに役立つ「警備」の資格

警備の仕事は、特別な資格を持っていなくても携わることができますが
実は、警備の資格というのはたくさんあります。

警備業務には、有資格者を一定の割合で配置しなければならないという規約があり
今後、長く務めるときには資格の保有が大変有利となります。

それでは、警備に関する資格(検定)をいくつか見ていきましょう。



①施設警備検定

ショッピングセンターなどの商業施設において
盗難や火災などのトラブルからお客様を守る業務に関する検定です。
2級と1級があり、2級の場合は18歳以上であれば誰でも受験ができ
警備業務が未経験でも受験することができます。


②交通誘導警備検定
道路工事や工事現場などで、歩行者やクルマを安全に誘導するための検定です。
2級は誰でも受験することができますが
1級は2級に合格後1年間実務経験を積んだ人が受験可能となっています。

 

③雑踏警備検定
大型のイベントや野外でのイベント、お祭りなどの雑踏で
人がスムーズに移動できるように誘導
する仕事に関する検定です。


④貴重品運搬検定
貴重品を運搬する際の警備に関する検定で、貴重品の運搬は警備会社からの需要も高い仕事です。
テレビなどで高額の商品を扱ったり、貴重な芸術品を扱ったりする際に
そばで監視している警備員も、この貴重品運搬検定の資格を取得した警備員となります。

 


福岡県福岡市の未来ガードシステムではただいまガードマンの求人を募集中です。
男女問わずやる気のある方を求めています。
交通誘導や駐車場警備が主な仕事であり、希望の勤務地を選ぶことが可能です。
車の誘導の仕事に興味のある方はまずはお問い合わせください。

 

詳しくはこちらよりお問い合わせください

詳細はこちら

ガードマン(警備員)の仕事の将来性は?

ガードマン(警備員)の仕事に興味はあるけれど、将来性があるのかどうか心配だからガードマン(警備員)の仕事に挑戦するのに迷っているという人も少なくないのではないでしょうか。

ガードマン(警備員)の仕事としてしっかり働いていきたいという場合は、正社員として働くことのできる会社を選ぶようにするのがおすすめです。

ガードマン(警備員)としての仕事は、様々な場所で需要があるので、急にガードマン(警備員)の必要がなくなるということも想像できないので、仕事的には安定している業種と言えます。

また、様々な企業や個人宅などでは、セキュリティに対する意識が高まっているので、ここ数年で警備の需要が増えていることと、警備の形態自体が技術革新によって向上してきているということから、よりスマートに警備業務を行うことができるようになっています。

このように、あらゆる点を考えてもガードマン(警備員)としての仕事の将来性は大いにあると言っても間違いはないです。

また、現場でガードマン(警備員)として活躍していくことで、キャリアアップしていくことができる仕事ではありますが、それと同時に資格取得などをし、さらなるキャリアアップを目指すことも可能な仕事です。

お問い合わせはこちらから

詳細はこちら

どうすればガードマンになれる?お給料はどのくらい?

ガードマン(警備員)の仕事に携わりたいという場合は、どうすればその仕事に就くことができるのでしょうか。

学歴や、専門的な資格取得がガードマン(警備員)の仕事に携わる条件のひとつとなるのか気になるところかもしれませんが、学歴はもちろん、ガードマン(警備員)として特別な資格取得も必要ありません。

警備会社の採用試験に合格し採用となってから、ガードマンとしての教育を受けるので、その教育の場で警備員としての必要な知識や技術を学ぶことになります。

さらに、先輩と一緒に現場で仕事をしていくうちに少しずつガードマン(警備員)としての経験を積むことができプロのガードマンへと成長していくことができるようになります。

ガードマンとしての経験がある人は採用されやすい傾向がある一方で、未経験の人を採用し、警備のプロとして育てていく会社も多くあるので、教育制度が充実している警備会社を選ぶようにすると安心です。

ガードマンになった場合の収入は、正社員なら年収300万円程度、アルバイトなら時給1,000円程度が相場となっており、正社員として経験と年数を重ねていくごとに年収はあがっていきます。

このようにガードマンの仕事は、未経験でもやる気があれば携わることのできる仕事です。

お問い合わせはこちらから

詳細はこちら

メニューを開く